何歳までヘッドスピードは上げられる?

Category: 未分類
藍ちゃん、お疲れさま、そしてありがとう!!

さて、感動も冷めやらぬところ私などの話で恐縮ですが、先日ヘッドスピードが過去最高の35m/sを記録しました。

「えっ!遅くない?」

と思われたでしょう。

実は、下の写真のショートクラブを振って計測したヘッドスピードです。

vkm-hs-168.gif


所有するドライバーの半分強の長さ(約60㎝)の練習用クラブです。

毎日5分程度の時間を作り、このショートクラブをとにかく思いっきり振ることを始めました。

最初の頃の計測数値は28m/s程度、どんなに思いっきり振っても29.5m/s程度が限界でした。

この時のドライバーのヘッドスピードは46m/s程度です。

しかし、ここ最近は初めの一振り目から30m/sが出るようになり、先日初めて35m/sが出たのです。

vkm-hs-169.gif

今まではフォローでビュンという音がしていましたが、最近はシューーッという音に変わってきました。

正直、このショートクラブで30m/s代は無理かもしれないと思っていました。

しかし、ヘッドスピードを計測しながら毎日全力で振っているうちに、ヘッドスピードが上がる動作が明確になり気付いたのです。

それは、「伸張性収縮の感覚が、まだ完全に身体に入っていない」ということです。

ヘッドスピードを上げる重要ポイントは、ズバリ「切り返し」!

実践編ステップ2でご説明している、右股関節を入れたまま左股関節を入れる動作。

ここに集中することで、さらにヘッドスピードは上昇し始めました。

私のドライバーはこのショートクラブの約1.6倍、ヘッドスピードは角速度が同じであれば半径に比例するので単純計算だと1.6倍すれば良いのですが、実際のドライバーは長く重いのでショートクラブと全く同じ角速度で振ることは出来ません。

それを考慮しても48m/s程度までは上がって来ているのではと感じています。

しかし、スイングモデル編でもお伝えしておりますが、闇雲にヘッドスピードだけを上げても意味がありません。

そこで、まだクラブは届いておりませんが、リシャフトもいたしました。

近々、実際のヘッドスピードとボールスピードを計測し、リシャフトの効果も検証したいと思います。

(追記) 全力で振る素振りは、相当身体に負荷がかかるので、5回程度が良いと思います。また、こればかりやってコースに出ると確実にスコアは悪くなりますので、練習場で8割~9割のスイングに修正してからラウンドすることをお勧めいたします。私の悲惨な経験から断言できます!




関連記事
スポンサーサイト

下の「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」へのリンクを押していただけると幸いです。
皆様からの応援に、感謝いたします。
↓ ↓ ↓ ↓


↑人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ゴルフブログへ
↑にほんブログ村へ

back-to-top